最適な判断を

最近、友人が、債務の返済が大変になってきたので、どうしたらいいのだろう?ということを私に相談してきました。
債務が返せないということは、最悪の場合、自己破産というような結果にもなりかねないため、友人のためにベストのアドバイスをしたいと思っていろいろ調べてみたところ、任意売却という方法が見つかりました。
任意売却というのは、債務を返済することを目的として、担保となっている不動産を売却することなのです。
任意売却がいい点は、裁判所が主導する矯正競売とは異なり、市場での任意での売却となるため物件の値崩れがせずに市場価格で買い取ってもらえるということなんですよね。
債務を返済するための売却である以上、物件が少しでも高く売れて欲しいと思うのは当然のことだと思います。
そういう意味では、物件の整理はぎりぎりに行うのではなく、任意売却という選択肢が残されているうちに判断するということが肝心ですね。
何でもはやめの対策が大切ということでしょう。

任意売却はメリットが多いです

住宅等の不動産を購入した際にローンを組んだが返済が不可能になってしまった場合、早めに不動産を処分しなければ所有する不動産が競売にかけられる可能性が高くなります。
早めに処分したいところですが抵当権を解除する為にはローンの残高全てを返済しなければならず、返済に追われる恐怖と住む家を無くしてしまう恐怖の2つと同時に戦わなければなりません。
ただ返済しきれなかった債務を残したままでも任意売却という手続きをとることで抵当権を解除、競売にかけるよりも高く売却することが可能になります。
高く売却できるので処分後の債務の負担も軽くなる、売るときの費用もかからないといったメリットが期待できます。
不動産を手放したくないと思う方もいるかもしれませんが、いずれ競売にかけられることを考えるとメリットの多い任意売却を選択したほうが賢明だと思います。
効率よく任意売却に取り組む為には手続きの流れ、仕組みについてしっかりと把握し、任意売却実績の豊富な業者へ依頼するようにしましょう。

Comments closed